2017.05.28

JRSA F4 チャンピオンシップ 第2戦

2017/05/28(日)
 中古で、F4レーシングニーラーを購入する。

 West Racing Cars製 TOMBOY
 エンジンはホンダの2サイクルCR80のもの。
 フレームはスチールパイプ。

Img_2903_2

 レースで勝ちに行くなら、今なら第1戦で借りた新しいPowerPipe製のアルミフレームのモデルの方が軽量だし、パッセンジャーのフォームもF2に近いので、F2にステップアップするにもいい。

 しかし今回は、あえて昔から定番のTOMBOYを選んだ。
 この形が好きだ。
 何かの時に、自宅ではアルミ溶接ができないというのもある。
 スチール製パイプフレームなら、アーク溶接機を持っているので、ごく簡単な部分ならどうにかなるだろう。

Tomboyunder

 遠目にはサイドカー≒バイクに見えるし、事実バーハンドルやパワートレーンはバイクの部品なのだが、実際は二輪構造を持たない三輪構造の一体型フレームで設計されている。
 そもそも、後輪が右にオフセットしているので、前輪と後輪が一直線上にはなく、もし仮に側車を無理矢理切断したとしても、単車として真っ直ぐ走る事はできない。
 TOMBOYは、ラジエーターやアウトボードブレーキが側車側にあるので、切断したら走行自体が不可能だ。
 F1、F2では、燃料タンクまで側車側だ。
 F1に至っては、モノコックフレームが側車側なので、側車がなくなると本車どころかタイヤまでなくなる。
 構造的には二輪車+側車ではなく三輪自動車だ。
 バイクと言うより、トライク≒オープンカー・バギーに近いだろうか。
 車高を極限まで低くしたATVという感覚もある。

 運転も、操作系はバイクの部品だが、運転感覚は四輪に近い。
 ドライバーが手を離しても転倒しない――当然だが、この差はすごく大きい。
 トレッドと重心高の比率は完全に自動車だ。
 異常なほどの車高の低さから来る安定性のため、一般的な前一輪トライクで良くあるような転倒の心配もない。
 旋回時も二輪のようなバンクはせず、四輪のようなロールの力が働く。
 そのためコーナーでは二輪のような縦Gではなく、四輪のような横Gがかかる。
 F2以上では、その横Gに耐えるためにサスペンションの構成もバイクとは異なっていて、潤滑系もドライサンプになっている。
 バイクのエンジンをウェットサンプのまま搭載すると、横Gでオイルが偏ってストレーナーが空気を吸ってエンジンが焼けるからだ。
 タイヤがグリップを失っても二輪のような転び方をしないので、四輪的なアンダーステアやオーバーステアが出る――ただし左右非対称で、しかもパッセンジャーが重心を移動するので、四輪とも特性は異なるのだが。

 これは、バイクの操作で乗る、三輪の、オープンカーだ。
 バイクに乗るオープンカー好きとしては、これはとても素敵な乗り物だ。

 パッセンジャーの姿勢も、TOMBOYは独特だ。
 PowerPipeのマシンはF2に近い姿勢で、左コーナーでは腰を落とす感じで乗る。
 しかしTOMBOYは、寝そべるように外に出るので、頭の位置が更に低い。
 視線が低いので、スピード感も更にすごい。

 PowerPipeのマシンは右コーナーもF2に近い姿勢だ。
 しかしTOMBOYでは、右膝を立てる乗り方がある。
 パッセンジャーは、膝を立てず低い姿勢で這うように移動した方が、重心を低く保てて良いそうだ。
 移動が荒いとドライバーのハンドルに影響するので、膝擦りでなめらかに移動するのが良いという。
 F2に上がるなら、TOMBOYの膝を立てるクセがつかない方が良いと言う。

Img_2905_2

 マシンは、レース当日受け渡しだったため、色々と準備不足でトラブルに見舞われてしまった。

20171106003141

 エンジンの始動がうまくいかず、現場で調整をして頂いた。
 そのため練習走行が走れず、いきなり予選となった。

 エンジンに気を取られて、ドライバーの体格にペダル類の調整が合っていないまま予選に出たため、シフトチェンジが完全にできずエンジンに過負荷をかけてしまった。
 後で分かった事だが、田村監督はスネのバランスが長いため、シート位置に着くとペダルを余計に蹴ってしまうらしい。
 シフトを上下方向に蹴るバイクと違って、前後方向に蹴るレーシングニーラーでは、足首の動きで足りない動きを、脚の動きで足すことができないので、調整が合っていないと上手く乗れない。
 正シフトなので、体にかかる加速減速のGと、シフトのアップダウンの方向が逆に働くので、余計に操作しにくかったそうだ。
 レーサーシフトにしたF2だと、加速G時に蹴ってシフトアップ、減速G時に蹴り上げてシフトダウンができて乗りやすいそうだ。

20171106003149

 ブレーキペダルの初期位置も同様に、前寄りになってしまっていた。
 そのため、リアブレーキを引き摺っていたのに気付かずに走ったため、オーバーヒートと共に、ブレーキディスクの異常過熱で出火してしまった。

20171106002411

 予選走行中に、目前のリザーブタンクが沸騰を始めたので、ドライバーの背を叩いて合図し、停車したらリアカウルが燃えていた。
 その時に後を走っていた人の話では、ブレーキディスクが赤熱しているのがリアカウルのスリットから見えたそうだ。

20171106005234

 停車してすぐに、リザーブタンクを引きちぎって冷却水をかけたが消火せず、近くを走っていたチームが停車して消火を手伝ってくれた。
 最終的には、駆けつけたコースマーシャルが粉末消化器で消火してくれた。

Img_2913

 カウルのFRPが燃えただけなので、走行には問題なかった。
 この部分に関しては修理は大した事はない。
 FRP工作ですぐに治る。

Img_2917aaa

 大急ぎで消化剤を洗浄して復旧し、ペダルを調整して本戦に参戦した。
 しかし、その後のエンジンの不調でリタイアしてしまった。
 残念。

 次は完全な状態で挑みたい。

Img_2918


 副賞はタマネギだった。
 大玉がネット一杯。

Img_2946

2017.05.13

The Flatfishes Racing 体験走行NIGHT

2017/05/13(土)
 The Flatfishes Racing 5.13体験走行NIGHT に田村監督と共に参加。
 あいにくの雨天であったが、とても楽しい。

 安田氏にパッセンジャーとして乗せてもらう
 本物のレーサーが操るスピードはすごい。
 マシンはPowerPipeアルミフレーム

 自分のヘルメットを忘れてしまい、サーキットのヘルメットを借りて乗る。
 雨のせいもあって、バイザーがすごく曇る。
 水たまりの上を走ると、エアインテイクを通った水飛沫が、ラジエーターを通り、正面から水を被る。
 パッセンジャーハンドルから手を離せないので、バイザーを拭く暇はない。
 せっかく自分のヘルメットには曇り止めのPINLOCKをつけておいたのに、活躍の機会を逃して残念だ。

 レーシングニーラーはバイクのようなウイリーをしない分だけ、アクセルを余計に開けられるのだろうか? 
 加速も、減速も、横Gもすさまじく、Gに耐えるのに全身の体力を使う。
 今日は雨だったが、路面が乾いてもっとグリップしていたら、もっとGがすごかっただろう。

 コーナーでは体を支えている脚に、リアタイヤがジリジリジリジリ……とスライドする感覚が伝わってくる。
 右ヘアピンで2度ほどスピンしたが、ジリジリジリズ――ッ! とGが抜けてグルンと回る瞬間、自分はハンドルを握っていないのにの「今の惜しかった!」感が伝わってくる。


 買ったばかりの、ドイツdaytona製のサイドカーレース用のブーツを使ってみた。
 足首が動きやすい蛇腹になっていて、地面で擦りやすいつま先のゴムが分厚い。
 パッセンジャー用はスネの部分がプロテクターで保護されていて楽だ。

 このブーツを履いて、レーシングスーツの裾をブーツの外に出す。
 裾をブーツの中に入れると、ブーツシャフトのトップエンドがプラットホームに引っかかって、動きの邪魔になると言う。
 裾を中に入れる場合は、ブーツのトップエンドをテープで巻く人もいる。

 後続車の車載カメラに映るよう、ソールにロゴが入っているのが面白い。
 海外レースのオンボードカメラでよく見る靴底である。

Img_2386

Img_2388

 ドライバー用のブーツは、ブーツシャフトが短くて、右足の甲に保護パッドがついている。
 左側車のレーシングニーラーでは、右足でシフトチェンジするためだ。

 しかしF4は、バイクと同じ左脚シフトだし、日本では日常のバイクと混同しないようF1、F2でも左の正シフトにしている方が多い。
 ドライバーブーツにも左パッドのモデルが欲しいところだ。

Img_5105_2

 雨天で路面が水浸しであるが、折角の夜走行なので、スパーキースライダーの実験をしておく。

 バイク用のレーシングブーツには、つま先にチタニウム製のトースライダーがついたモデルがある。
 レーシングスーツにも、肘にチタニウム製のエルボースライダーを着けられるモデルがある。
 これらは、コーナーでバイクを傾けた時、肘やつま先を路面に擦ると火花が出る
 ケニー・フォレイトロイ・ベイリスなどのライディングフォームが有名だ。

47262


 チタニウム粉は火花が出やすく、映画の撮影に使う火薬にも「チタン弾着」と呼ばれる火花を跳ばす製品がある。
 フラッシュはマグネシウム、鋭い火花はチタニウム、大きく舞う火花は雲母と、使い分ける。

 チタンスライダーは、火花を跳ばすのが目的ではない。
 つま先は、膝に付けるニースライダーのような厚みをとれないので、耐摩耗性の高いチタニウム合金を使っている。
 耐摩耗性の高いジュラコン(ポリアセタール)を使っていても、樹脂製は減りが早い。

 膝用にも、OxfordやMotraxからチタニウムがインサートされたニースライダーが発売されている。
 これは逆に、火花を跳ばすのが目的で、スパーキースライダーと呼ばれていて、コーナーで膝を擦ると火花が出る
 その昔、80年代の峠では、ジーパンの膝に潰した空き缶をガムテープで撒いて火花を散らしながら走る遊びが流行っていたが、それをちゃんと製品にしたものだ。

 レーシングニーラーの場合は、アススライダーと呼ばれる腰につけるスライダーが海外で売られている。
 試しに取り寄せてみたところ、ニースライダーと似たものだった。
 腰の形に合うように内側がRになっている。
 プラットホームにひっかかりにくいようにだろうか、薄めで、丸くて角がない。
 日本のパッセンジャーだと、スライダーではなく、革やケブラー繊維のパッチでスーツを保護している方を見る。
 ひっかからないので、スライダーより良いそうだ。

20170402_153050000_ios


 レーシングスーツの腰回りにスライダーベースをつけて、レーシングニーラーでも膝用のスパーキースライダーが使えるか試してみる。
 F4のコーナーのスピードでも充分火花が出る事が確認できた。
 低速の直線でも火花が出るので、80年代のタイヤのバイクを無理に倒して膝を擦るような怖さはない。
 実に面白い。

F4_171025_0093

2017.03.05

JRSA F4 チャンピオンシップ 第1戦

2017/03/05(土)
 JRSA F4 チャンピオンシップ 第1戦。

 最初は「体験走行ができたら」という話から、JRSA F4事務局の飯島会長から「二名いるならエントリーしておくから」という話になり、なんとレースに出場する事に。
 バイクレースの経験があり、レーシングカートも乗っている田村監督がドライバーに。
 バイクレース用の装備を一通り持っているので、そのまま出場できると言う。
 自分は、サーキット走行はスーパーセブンで走行会に参加する程度の腕なので、パッセンジャーとして参戦する。

 カーナンバーは「33」。
 二桁が空いてるとの事で、去年の仕事で縁のあった「77」と「33」を候補で出したら、「77」は埋まっていたので「33」で決まる。

 マシンはPowerPipe製のF4レーシングニーラーを借りての参戦。
 エンジンはCRF150の4サイクル150cc。
 2サイクルモデルのようなピーキーさがなくてパワーバンドが広いので初心者にも優しい。
 アルミフレームの軽量モデルで、パッセンジャーのフォームもF2に近く、将来F2にステップアップするための練習にもいいと言う。
 F2マシンのLCRフレームにも似ている。
 反面、フレームの剛性が高いため、乗り味は固いとの事。
 F4はサスペンションがないので、衝撃がダイレクトだ。
 スチールフレームのTOMBOYだとパイプフレームのしなりが、わずかながらサスペンションの働きをすると言う。

 レーシングニーラーは、二輪バイクのようなリーン(バンク)はせず、四輪のようにハンドルを切って曲がる。
 そのため、タイヤはバイクのような丸断面ではなく、自動車のような角断面だ。
 F4では、レーシングカート用のタイヤを履く。
 F2の場合は、四輪のF3用タイヤの金型で作られた、レーシングニーラー専用のバイアスタイヤを履くそうだ。

 バンクによるセルフステアのバイクと違って、ステアリングは腕力で切る。
 にも関わらず、ステアリングラックの増力なしでバイクのようなハンドルを切らないといけないので、ハンドルバーはとても重い。
 腕の力だけでレースを走りきるには、かなりの腕力が必要だ。
 なので、コーナーによってドリフトを上手く使わなければいけないと言う。

 バイクのパーツが使われているが、特性はバイクではなくレーシングカートに近い。
 と言っても、二輪とも四輪とも違う特性で、しかも右コーナーと左コーナーでも特性が違う非常に特殊なマシンだ。
 もっと言うなら、パッセンジャーの姿勢によって常に特性が変わる。
 ものすごく複雑だ。

 「F4」は日本独自のカテゴリーだそうだ。
 4サイクル1300ccまでの「F1」(今後600ccまでになるらしい)、4サイクル600ccまでの「F2」に比べて、それらよりもうんと排気量の小さいマシンが「F3」を名告るのはおこがましいとの事で、「F3」を飛ばして「F4」と名付けたそうだ。

20170306183739

 F1やF2では、ブレーキペダルで3輪同時にブレーキをかける。
 右手のブレーキレバーは予備で、パドックでマシンを手で押して移動する時に使う。
 右手にレバーがついていないマシンもある。

 対してF4は、バイクと同様のブレーキシステムを持つ。
 バイクのように右手が前輪ブレーキ、右ペダルが後輪ブレーキ。
 側輪はフリーでノーブレーキだ。
 左右非対称のマシンで、しかもパッセンジャーの姿勢で重心が大きく変化するので、ブレーキング時の挙動も特殊だ。
 F4では、初心者は前輪ブレーキは使用しない方が良いと言われている。
 最初から前輪ブレーキを外して走る事もあると言う。

 その事をよく理解せず、交替でドライバーとして走った時、バイクのクセで前輪ブレーキをかけた瞬間、右にハンドルを取られた。
 右前輪を支点にして、左の重さが前に飛び出す感じだ。
 上級者は、そういった特性を利用して速く走ると言うが、初めての事だから何が起こったか分からず対処ができなかった。
 セブンでタイヤがロックしてハンドルが効かなくなった時のセルフABSのクセで、咄嗟にブレーキをリリースしたが、さらに右に逸れそうに思ってしまい、再ブレーキができない。
 しかしそれでは速度を落とせない。
 左コーナーのアウト・イン・アウトに備えて、右いっぱいに寄せたストレートからのフルブレーキだったので、右に逸れたまま、右側面のウレタンバリヤーの列に突っ込んでしまった。
 無理に左に切って、ヘアピンのアウト側に正面から衝突するより、横のウレタンバリヤーの例に沿うようにぶつかった方が被害が少ないと思ったのもある。

 初っぱなからすごい経験になってしまった。
 プロテクター全部乗せで怪我をせずに助かった。
 一番痛かった場所は、去年のバイクでの転倒がキッカケで上がらなくなっていた左肩が、マシンから放り出された際に上げたくない角度まで上がった事だった。
 しかしなんと、クラッシュの後、その肩が上がるようになっていた!
 ピットインしてフロントタイヤを見たら、やはりロックしたのだろう、タイヤにフラットスポットができていた。

 本戦では、ドライバーの田村監督のブーツがバイクレース用のものだったため、シフトチェンジがうまくできず、速度が出せないまま最下位で終わってしまった。
 ドライバーの方も、サイドカーレース専用のブーツか、足首の動くツーリングブーツでないと上手く運転できないのだ。

 ロガーによると、このコースでの1位のマシンの最高速度は約60km/hで、我々の最高速度は約40km/hだった。
 後で撮影したビデオを見ると、我々のチームは実にのどかに走っているように見える。
 クローズドサーキットだと言うのに、ロードレースのマン島TTのように一気にごぼう抜きされている。
 幅の狭い公道で、車幅のあるレーシングニーラーが走るロードレースでは、早いマシンに接近されたら競らずに抜かせるのがマナーなのだそうだ。
 我々は動くシケイン状態だったので、それ以前の問題である。
 しかし、乗ってる側は視点が地面の間近なので、40km/h以下であってもスピード感はものすごい。
 体感的には100km/h以上だろうか?

 波瀾万丈だったが、非常に面白い体験だった。

835e83c838082c282ab838a83u838b83g83

F42017_r1result


 副賞はバナナだった。
 一房まるまるは久々に見た。
 監督と別けて帰った。


Img_1934

2017.02.27

レーシングスーツの購入

2017/02/27(月)
 サードカーレースに参戦するにあたり、レースに使える規格のヘルメットとレーシンググローブを持っていないので、新しく買う事に。
 町乗り用ではないので、店員さんに聞きながらできるだけ良いものを選んだ。

 ヘルメットはSHOEIのX-Fourteen、グローブはAlpinestarsのGP TECH LEATHER GLOVE
 とても変な姿勢で乗るので、念のためにネックプロテクターも買う。
 ヘルメットによって鎖骨を折らないためのプロテクターだ。
 こんなもの誰も着けていないのでいらないかもしれないが、上手い人たちとは違うので念のために使う。

 皮つなぎ、レーシングインナーと、一揃え買う。
 皮つなぎは、まずは安めのものを。
 サイズの事もあるので、ある程度わかってから高いものに買い換える方が、わからずにいきなり高いものを買うよさそうだ。

 ついでにチェストプロテクターと脊椎パッドも買い足す。
 必須ではないがサーキットからは推奨されている。
 いつもバイクで使ってるチェストプロテクターは頑丈そうなのだが、バイク用エアバックを着る時に使うものなので、そのままだとレーシングスーツに固定できない。

 ブーツは足首を守れる物を、と言われていたので、いつも使ってるショートブーツで良いだろう。
 バイクレース用ブーツは、パッセンジャーの場合はプロテクター部分が引っかかって邪魔になると聞いていたので、あえて買わなかった。
 ショートブーツに合うよう、ニー&シンガードを買ってみた。
 実際に履いてみると、レーシングスーツのニープロテクターとぶつかるので、ニー&シンガードのニー部分をナイフでカットして、合わせた。
 これで、レーシングニーラーの固いプラットホームに正座でぶつけてもスネが痛くないだろう。

2016.03.10

スーパーセブンの修理

2016/03/10(木)
 スーパーセブンの修理が上がった。
 群馬のケントスピードに取りに行く。

Img_9849

 いよいよボロボロになっていたステアリングを交換した。
 MOMO製。
 今までのものより少し小径のせいか、乗ってみるとややメーターが見にくくなってしまった。
 わずかな直径差なのに、意外と重くなった。

Img_8496_2

 ブレーキシリンダーが当時のままでかなり古くなっていたので、新しいものに交換。
 これで当分は安全。

Img_8495_______

 マーコス・ミニがいた。
 格好いい。

Img_8498_______

Img_8497_______

2015.11.13

スーパーセブンのハンドルの修理

2015/11/13(金)

 ハンドルの革の糸が解けてきたので、応急修理。

Fullsizerender_3

 裁縫の糸で縫って誤魔化し。

Fullsizerender_1_3

 センターのフタが緩くなって外れやすくなったので、ついでに修理。

Fullsizerender_2_2

 削れた突起部分を再生する。

 樹脂の破片を塩化メチレンで溶着する。

Fullsizerender_3_2

 痛んだ革は「染めQ」で塗って仕上げ。

 当面はこれで凌ごう。

 そろそろ新しいハンドルに交換だろうか。

Fullsizerender_4

2009.10.17

スーパーセブンの修理完了

2009/10/16(金)

 スーパーセブンの引き取りにケントスピードへ。
 外した部品を見せてもらった。
 キーシリンダーは、あれこれと電力の取りすぎでついに焼損。
 カーペットはトラッキングシューズのかかとの角で摩耗して穴が空いていた。
 長い事使っていたので、ボタンも取れ、床は穴があいていた。
 シートはもう抜けて、ウレタンが下に接触していた。
 雨天時は、床の穴から入った雨水が、床に触れたシートのウレタンが吸って、シートが濡れていたらしい。

20091016_0220091016_0420091016_03

 クラッチを繋いだ時、クラッチが減った時のようにガタつくようになっていた。
 しかし、クラッチ版は交換してまだ間がない。
 見てもらうと、エンジンマウントがやられていて、エンジンごとがたついていたそうだ。

 キーシリンダーを新品に交換。
 エンジンマウントは新たに溶接。
 床の穴を塞いで、カーペットは新作。
 シートは、ケーターハム製の新しいのに交換。
 以上で、完調になって戻って来た。

20091016_01

 新しいシートはヘッドレストが付き、座面も高くなった。
 セミ・バケットなので左右方向のホールディングも良く、前後スライド量も増えた。
 座面が長いので、助手席床の消火器が置けなくなったので、運転席と助手席の間のバルクヘッドに移動してもらった。
 まだウレタンが硬いせいもあるが、座面の前が上がってるので、ペダルを踏む感覚がしばらくは慣れないが、背もたれも立ってハンドルが少し近くなったので、全般には前より乗りやすい。

 お店にはなんと、Ultima GTR がいた。
 まるでグラチャンマシン。
 これで公道を走れるというのがすごい。
 

20091016_0520091016_06



 まだたった1万キロのバンデンプラ・プリンセスもいた。
 とても綺麗。

20091016_07



 ハンス・システムが置いてあった。
 初めて実物を見た。

20091016_08

2009.10.12

スーパーセブンの修理

2009/10/11(日)

 昨夜、仕事の資材の買い出しでスーパーセブンで移動していた所、再びエンジンがストールを始めた。
 インジケーターやメーターのランプが消え、燃料ポンプの音も止まるので、電気系統らしい。
 暫くは、キーの裏の配線を揺らすと戻っていたが、仕舞いにはそれも効かなくなる。
 キーの回転位置の、OFF/Ⅰ/Ⅱ/Ⅲの中の、ⅡがONにならない。
 端子の接触不良ではなく、キーシリンダーの接点そのものが焼けたらしい。
 キーを何度も回して探してみると、ⅠとⅡの間の微妙な一点にONになる瞬間がある。
 そこに入れれば走れるが、そのままではセルモーターが回せない。
 Ⅲに入れてセルモーターを回してみるが、即座に元の微妙な導通位置に戻せないのでエンストしてしまう。
 やむなくキーの位置は導通位置にしたまま、セルモーター用の配線を別の出力端子に接触させてセルモーターを回してみると、上手くかかった。
 映画で車を盗むシーンのようだ。

 キーシリンダーを交換すれば良いのだが、運転席のシートが濡れるのと、クラッチも看てもらいたいので、ケントスピードに連絡する。
 長距離をⅠとⅡの間で走るのは、ちょっと怖い。
 うっかりキーがどちらかに落ちるとストールするので、高速道路を走るのは危険なので、自走して持ち込むのは諦めて、回収に来てもらう事にした。

 20091011_0120091011_02

2009.10.08

台風の中で小さなトラブル

2009/10/07(水)

 日中は小雨だったのに、夜は台風で豪雨。
 仕事先からスタッフをスーパーセブンに乗せて送る。
 その後、家まで走行。
 めったに使わないワイパーのHIを入れると動かない。
 後の配線を触ると動くので、おそらく接触不良。
 LOで帰る事にする。

 走行中に時々ストールしかかる。
 インジケーターが消えるので電気系と思い、走りながら数カ所触ると、キーシリンダーの後が加熱している。
 揺らすと治るので、これも接触不良のようだ。
 昨日、配線をいじった時に引っぱってしまったのかもしれない。
 コードを押さえて誤魔化しながら走っていると、ヘッドライトが点かなくなる。
 やむなく料金所のスペースで止めて、修理開始。
 幌の中で、ラゲッジスペースから工具箱を出す。
 ちょうど昨日、小型のLEDマグライトの電池切れに気付いて入れ替えておいて助かった。
 なんとなく必要そうで買っておいた、歯科医ミラーで覗くと、キーシリンダーに刺さってるコネクター類が緩んでる。
 一つは抜けていて、それがおそらくヘッドライトへ向かうライン。
 絶縁体が解けてるのが、加熱していたライン。
 一通り、全部を差し直すと、元通りに治る。

 走ってると、次第に座面が濡れてくる。
 前からそうなのだが雨が降ると、幌も雨漏りはしていないし、背もたれも助手席も異常はないのに、何故か運転席の座面だけジワジワ濡れる。
 台風のせいか、今日は特別濡れる。
 床に穴でも開いているのだろうか?
 後日、要点検。
 

2009.02.01

音声案内が声優のカーナビ

2009/02/01(日)

 いつのまにか面白そうなカーナビが出ていた。
 MAPLUS E-100MPというメモリー式カーナビで、加速度センサーと電子コンパスを備えていて車速センサー入力がいらないため、SONYのNAV-Uシリーズと同様にポンと取り付けただけでも、衛星が陰る高速の下やトンネル内でもナビゲートが継続できる。
 NAV-Uシリーズより優れているのは、IPx4生活防水であるため、セブンのようなオープンカーやバイクでの使用にも適している事。
 これはすごく良い。
 NAV-Uシリーズはオープンカーでは天気の悪い時はとても不安になる。
 クレードルに関しては、NAV-Uシリーズのようなコネクター内蔵のではなさそうなので、取り外しのワンタッチさに関してはNAV-Uシリーズの方に軍配が上がりそうだ。
 バイクやオープンカーの場合は取り付け取り外しの手間も重要だが、電源コードだけならなんとか使える範囲ではあると思う。
 VICSユニットがやや大きく別配線になるのがバイクでは問題か。

 特筆するべきは、有料で音声案内の声が変更できるというのが面白い。

 古谷徹 (本体収録済み)
 落合祐里香 880円(税込)
 池田秀一   880円(税込)
 若本規夫   880円(税込)
 ラティ     880円(税込)
 大塚明夫   880円(税込)
 沢城みゆき 880円(税込)
 沢城みゆき(標準音声Ver.)315円(税込)

 他に無料音声も多数用意され、今後もバリエーションが増えると言う。
 これは微妙に欲しい。
 まだNAV-U3に買い換えたばかりなので迷う。
 ナイトライダーK.I.T.T.風の野島昭生版は出ないものだろうか。

 きゃらナビChara-Navi という製品もまもなく登場するという。
 こちらは、もう最初から野島昭生版でKNIGHT2000をイメージして作っているらしい。
 池田秀一版のサンプルボイスはシャア・アズナブルそのものだ。
 カーナビとしての性能がまだ詳しく分からないので様子を見よう。
 

2008.07.27

スーパーセブンのプラグ交換

2008/07/27(日)

 ここ数日、スーパーセブンのエンジンの回転がばらつく。
 プラグを見ると3番が濡れてかぶっている。
 ディストリビューターのポイントのギャップは、ドエル角で57度。
 点火時期は、進角16度+アルファ。
 点火系の狂いは特に問題なし。
 3番のプラグコードを半分抜いてダブルリークで点火させるとアイドリングが安定する。
 スパークは来ている。
 ちゃんと挿すとまたばらつく。
 プラグを交換する事に。

 どうせなら長持ちするデンソーのイリジウムタフVW22が欲しかったが、近場のスーパーオートバックスで品切れだったため、イリジウムパワーIW22で4本交換する。
 ついでにオイルも一缶買って、ドライサンプタンクに補充。
 買った直後にオートバックスの駐車場でプラグ交換して帰る。
 交換中に急に雨が土砂降りになるが、途中でやめるわけにいかないので、そのまま続行。

 エンジンは実に快調に回るようになる。

 給油満タン。
 現在のメーター読み、走行距離30932km。

2008.02.09

ここ暫くで見た映画。

2008/02/09(土)

 ここ暫くで見た映画。

2006年末
12/24 〈シャーロットのおくりもの〉
12/29 〈名犬ラッシー〉

2007年
01/05 〈ライアンを探せ!〉
01/06 〈大奥〉
01/15 〈モンスター・ハウス〉
01/21 〈マリー・アントワネット〉
01/20 〈こまねこ〉
01/20 〈ディパーテッド〉
01/23 〈鉄コン筋クリート〉
01/30 〈どろろ〉
01/31 〈ラッキーナンバー7〉
02/02 〈それでもボクはやってない〉
02/04 〈幸せの力〉
02/05 〈愛の流刑地〉
02/06 〈墨攻〉
02/10 〈守護神〉
02/11 〈DOA/デッド・オア・アライブ〉
02/12 〈天国は待ってくれる〉
02/13 〈バブルへGO!!~タイムマシンはドラム式~〉
02/17 〈世界最速のインディアン〉
02/28 〈ドリームガールズ〉
03/01 〈さくらん〉
03/11 〈ゴーストライダー〉
04/08 〈ハッピー フィート〉
04/13 〈大帝の剣〉
04/14 〈サンシャイン2057〉
04/15 〈ナイトミュージアム〉
04/22 〈ロッキー・ザ・ファイナル〉
04/27 〈アンフェア the movie〉
04/30 〈ラブソングができるまで〉
05/08 〈スパイダーマン3〉
05/09 〈クイーン〉
05/10 〈ハンニバル・ライジング〉
05/11 〈ブラッド・ダイヤモンド〉
05/12 〈眉山 ―びざん―〉
05/13 〈俺は君のためにこそ死にしいく〉
05/14 〈東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜〉
05/25 〈パッチギ LOVE & PEACE〉
05/27 〈ゴール!2〉
05/28 〈パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド〉
06/08 〈ザ・シューター 極大射程〉
06/09 〈ゲゲゲの鬼太郎〉
06/10 〈300/スリーハンドレッド〉
06/23 〈大日本人〉
07/13 〈ゾデイァック〉
07/19 〈西遊記〉
08/03 〈ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団〉
08/09 〈トランスフォーマー〉
08/23 〈オーシャンズ13〉
08/27 〈ベクシル -2077日本鎖国-〉
09/01 〈ラッシュアワー3〉
09/09 〈タクシー4〉
09/11 〈スピードマスター〉
09/23 〈ファンタスティック・フォー:銀河の危機〉
09/28 〈Life 天国で君に逢えたら〉
09/29 〈幸せのレシピ〉
10/02 〈プラネット・テラー in グラインドハウス〉
10/12 〈ローグ アサシン〉
10/28 〈ブレイブ ワン〉
10/29 〈スターダスト〉
10/31 〈キングダム / 見えざる敵〉
11/04 〈バイオハザード3〉
11/07 〈ALWAYS 続・三丁目の夕日〉
11/14 〈ボーン・アルティメイタム〉
11/17 〈キサラギ〉
11/18 〈モーテル〉
11/23 〈ミッドナイト イーグル〉
11/24 〈マイティ・ハート -愛と絆-〉
11/28 〈クローズ ZERO〉
12/09 〈PEACE BED アメリカVSジョン・レノン〉
12/14 〈アイ・アム・レジェンド〉
12/21 〈ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記〉

2008年
01/27 〈スウィーニートッド フリート街の悪魔〉
01/28 〈魍魎の匣〉
02/01 〈アメリカン・ギャングスター〉
02/14 〈シルク〉

 もう何作か観ているはずだが、半券紛失のため失念。

2007.05.29

スーパーセブン、修理完了。

2007/05/29(火)

 ケントスピードからスーパーセブン修理完了の連絡がある。
 直ぐさま引き取りに行く。
 仕事が山積みなので、速攻でトンボ帰り。
 デフの修理に加えて、エンジンオイル交換、トランスミッションオイル交換、グリスアップ、クラッチの調整をしてもらった。
 高速を快適に走行して帰宅。
 これなら走行会も大丈夫。

2007.05.26

スーパーセブン、入院

2007/05/26(土)

 先週、スーパーセブンで走行中に、カン!と大きな音がした。
 それ以来、異音がするようになった。
 走行中の振動と、エンジンブレーキ中にギアの鳴りがするようになる。

 午後、ケントスピードに持って行き、診てもらう。
 開けてもらうと、デファレンシャルギヤの歯が折れていた。

20070526_0120070526_0220070526_03


 アストンマーチンV8のヘッドがオーバーホールに入っていた。
 開けたらバルブがもう、ガタガタになっていたそうだ。

 さすがV8の5340cc、バルブが大きい。
 おそらく後期のハイパワー版では、もっと大きいのだろう。

20070526_0420070526_05


 ケントスピードには、新しいロータスヨーロッパSがいた。

20070526_0620070526_0720070526_0820070526_0920070526_1020070526_11

 リアウインドウからだけでなく、運転席からまでエンジンが見える。
 試乗させてもらった。
 相変わらず着座位置はとても低い。
 一挙一動が全てスムーズ。
 反応が良いのに、安定もいい。
 なんとエアコンまで付いている。
 すごくイイ。

 代車にホンダのLOGOを借りて帰る。

2007.05.13

カタナのチェーン調整

2007/05/13(日)

20070513_01

 カタナのチェーン調整用にメガネレンチを買って来る。
 24mmのレンチはスーパーセブンで使う場所がないので持っていなかった。

20070513_02

 まだ走行距離も短いので特にたるんではいないが、軽くチェックだけしてチェーンルーブを噴いておく。

2007.05.01

スーパーセブンで買い物

2007/05/01(火)

 昼頃、気がついたら雨が降っていた。
 庭の駐車場に駐めていたスーパーセブンが、だいぶ湿っていた。

 いつもはパイプ車庫の方に駐めている。
 だが昨日隣人から、最近、夜中適当に空いてる場所に勝手に駐めに来る人がいるから、時折こちらにも駐めて、この場所は空いてないとアピールしておいた方がいいよ、とアドバイスを受けた。
 昨日はとても天気が良く暖かかったので庭の方に駐車してみたのだが、何もそういう気まぐれ起こした日に限って振らなくても良いと思う。

 湿ったついでだから、最寄りのDIYショップに前から欲しかったツールワゴンを買いに行く。
 だが、在庫が切れていた。
 しかし、展示品現品なら半額で売ってくれると言う。
 どうせ使えば汚れるものだし、半額に釣られて、構わず現品を売って貰う。
 しかし、展示品なので組み立て済みのため、ちょっと大きい。
 どうせ帰って組み立てるのだから、分解するのも面倒だ。
 載せれば、載らない事もないので、載せて帰る。

20070501_01_1

 ついでの更についでに、スーパーで食材も買って帰る。

2007.04.30

グローブの購入

2007/04/30(月)

 暖かくなってきたので、夏用のバイク手袋を購入する。

 20070430_01

 以前に転倒して救急車で運ばれた時に、片側だけ無くしたのと同じタイプだ。
 今まで使っていた冬用は、プロテクターがしっかり付いたHIT-AIRの製品。
 転倒した時に手をついても、堅い部分が滑って力を逃がして腕の骨折を防ぐそうだ。
 仕事がら、バイクで転んで手を怪我して仕事ができなくなった人の話を良く聞くので、この製品を選んでいた。

 夏用も、甲と手のひらにプロテクターが付いているメッシュタイプ。
 上に腕時計を付ける事ができるという一点で選んだもの。
 バイクは車と違って時計がない。
 スーパーセブンも時計はないが、腕時計は見える。
 バイクは手袋をしたら腕時計も見えない。
 乗って初めて知った。
 時計は、無くしても惜しくない安物で、雨天に耐える防水で、夜間も見えるバックライト付きで、放ったらかしにしても時刻合わせのいらない電波時計のタイプを選んで付けた。

2007.03.01

スーパーセブンのサスの調整。

2007/03/01(木)

 リアサスペンションのダンパーを交換した後、スプリングがデフォルトのままなので調整をする。
 セブンは車重が軽いので、そのままだとプリロードが堅すぎて一般道では跳ねすぎる。

 20070301_01

 プリロードを一番弱くセッティングしてみる。
 代わりに、減衰を固めてみる。

 20070301_02

 工事のギャップでも過度に跳ねず、グリップ感も良くなった。
 しばらくこれで走ってみよう。

2007.02.08

ちょっと衝動買い。

2007/02/08(木)

 安い刀を一振り。

20070208_01

 わきざし。
 長さ 42.6cm。
 反り 1.0cm。
 目釘穴 2個
 銘文 無銘。

 古くても室町時代後期、新しくて江戸時代初期のものだそうだ。
 研いで金属の肌が見えるようになれば、ほぼ確定できるとか。

 仕事の打ち合わせの前に時間が空いたので、四谷の刀剣屋にフラリと立ち寄り、購入。
 仕入れたままの錆びた状態なので安い。
 普通は研ぎに出して柄や鞘を作って装飾をして販売するもので、普通に客にはあまりこのまま売るものではないそうだ。
 入門用として自分で研ぎたくて購入。
 時間を見て研いでみよう。

2007.02.06

スーパーセブンのパンク修理。

2007/02/06(火)

 ガソリンスタンドで確認すると、セブンの右前輪の圧が下がり気味だったので、よく見てみたら釘が刺さっていた。

20070206_01

 修理をしようと思って釘を抜くと、一気に空気が抜ける。
 ラゲッジを見たらパンク修理キットを切らしていた。
 スタンドに聞くと修理の用具は置いてないと言う。
 今のガソリンスタンドは給油以外は何もできない所が増えた。

 仕方がないので、もう一度釘を刺してフタをして空気を入れて、オートバックスまで移動。
 試しに、前に買ったのとは違うタイプの修理キットを買う。

20070206_02

 工具のグリップの中に色々しまえるのに惹かれたが、使い勝手はイマイチだった。
 前に使った奴の方が、簡単で力もいらなかった。

 ともあれ修理をする。
 釘を抜いて、ラバーセメント塗ったゴム製のプラグを入れてカット。
 後は走って熱でゴムが硫化したら終わり。

 20070206_03

20070206_04

20070206_05

«カタナのブレーキパッド交換