« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年10月

2006.10.29

カタナのカウルの応急修理。

2006/10/29(日)

 立ち転けで割れたカウルを修理する。

20061029_01

 穴が開いてしまったので、このままではウインカーが付かないので、とりあえず塞ぐ。
 割れた破片がなくなっているので、適当なプラスチック板で作る。

20061029_02
20061029_03

 貼り付けはプラリペア。
 アクリル系のパテのようなもので、中身は歯科技工士が歯の治療に使うのと同じもの。
 以前は良くタフロンとリベースと言う粉と液の方が沢山入っていて安かったので使っていたが、今は切らしてるので、多少割高でもすぐ手に入る模型用材料のプラリペアを使う。

20061029_04
20061029_05

 ポリパテの買い置きを切らしているため表面処理ができない。

20061029_06

 色は同色のペイントマーカーで間に合わせ。

20061029_07

 見た目は悪いが当面の間に合わせだ。
 ウインカーが付かないのでは困る。
 そのうち時間をかけて綺麗に治そう。

2006.10.27

タンクの凹み修理の続き。

2006/10/27(金)

 昨日のタンクの凹み修理の続きをする。

20061027_01

20061027_02

 結構治った。

20061027_03

 試しに、転倒で思いっきり凹ませたタンクを引っ張ってみる。

20061027_04

 根気よくやれば、結構治りそうだ。

20061027_05


 ついでに、テールランプをLEDに交換する。

20061027_06
20061027_07

 バイクのキーはオフとオンの他に夜間パーキング用にテールランプだけ点灯するポジションがある。
 小さなランプとは言え、バイクの小さなバッテリーでは点灯したまま駐車するのは不安がある。
 Pポジションを使う人はほとんどいないと思うが、ある物を使わないというのも何か気になるので、消費電力の小さなLED化してみる。
 電球と違って切れないので、保安部品には最適だ。

20061027_08
20061027_09
20061027_10

2006.10.26

カタナのタンクの凹み修理。

2006/10/26(木)

 先日の立ち転けでタンクに凹みを作ってしまった。

20061026_01

 凹み修理キットで修理を試みる。
 ホットメルトグルーガンで吸盤を接着し、引っ張るタイプだ。
 まず、どこが凹みの中心か分からなくなるので、マジックでマーキングする。

20061026_02

 ホットメルトグルーで吸盤を接着する。

20061026_03

 そして、器具で吸盤を引っ張る。

20061026_04

 何度も繰り替えすと、次第に凹みが小さくなる。
 凹みが小さくなると、小さな吸盤変える。

20061026_05

 だいぶ凹みが治った。
 あと一息。
 今日はこれくらいにしておこう。

20061026_06

 スピードメーターが動かなくなっていた。
 明るくなってから確認したら、ケーブルが緩んで外れていた。
 よくある事らしい。

20061026_07

2006.10.21

立ち転けでカウル破損。

2006/10/21/(土)

 駅ビルの映画館で映画を観ようと思ってカタナで向かう。
 駐車場に向かうと、終車場の係員が反対側へ駐めろと言う。
 で、言ったまま前からどかない。
 Uターンをしたいのだが、ミニスクーターではないので、簡単にはいかないのだが、お爺ちゃんだから分からないのだろう。
 近くに人がいるとアクセル開けられないので恐る恐る取り回ししたら、案の定立ち転け状態に。
 カウルが割れてウインカーが取れてしまった。

20061021_01

 修理から帰ってきたばかりだと言うのに。

2006.10.20

カタナ、修理完了。

2006/10/20/(金)

 バイクの修理があがったとの事で、引き取りに行く。

20061020_01

 綺麗に治っていた。
 メーターは、ヤフオクで手に入れた輸出仕様の240km/hメーター。
 オーバーホールのついでに、走行距離計をこの個体の走行距離に合わせてもらった。

20061020_02

 エアクリーナーボックスもヤフオクで手に入れた口径の大きな輸出仕様にし、加えて、吸気抵抗を小さくするメッシュのフタを付けてもらう。

20061020_03

 排気系も同じく輸出仕様に。
 音が野太くなった。

20061020_04

 リミッターもカットしてもらった。
 この国内モデルのSRは、自主規制で100馬力未満にディチューンされているため、吸気、排気、リミッターでパワーを抑制されている。
 でも実際の所、輸出モデルだって111馬力で、決定的な差があるわけではない。
 むしろディチューンのせいで燃費も悪く、しかもなぜか高回転ではなく街乗りの常用回転である3000rpm付近の回転が悪く、乗りにくくなっている。
 別にスピードを出すためではなく、普通に街乗りとして乗りやすくするためにリミッターカットと吸気排気系を本来の形に戻す事にした。
 それをやるなら、やはりメーターも輸出仕様が欲しくなるので、交換した。

 転けたら痛いので、早速、バイク用のエアバックを取り付ける事にする。

20061020_05

 エアバックジャケットと、それをバイクとつなぐワイヤーを装備した。

2006.10.18

スーパーセブンのバッテリー交換。

2006/10/18(水)

 スーパーセブンのバッテリーを交換する。

20061018_01

 今までボッシュの大きなのを積んでいたのだが、今ひとつセルの回りが悪くなってきた。
 どうも遮熱板を付けずに高速を走った時に熱でやられたらしい。
 うちのモデルは排気管の間近なので、高速を走ると輻射熱でバッテリーがやられる。
 排気管に断熱布を巻いたからと気を抜いて、遮熱を忘れて高速を走った事があるので、その影響が出たようだ。

20061018_02

 ちょうどいい機会なので、いずれまた戻そうと思っていたオデッセイを積む事にする。

20061018_03

 今回は専用ステーを使って取り付ける。
 オデッセイはやや小型なので、標準のステーやボルトだと隙間が空いてしまう。
 あとは、ちゃんとした遮熱処理をすれば終わり。

20061018_04

 ついでに、ポイントのドゥエル角を合わせる。
 55度。
 元気よく回る。

2006.10.09

ケントスピードへ。

2006/10/09(月)

 ジャガーEタイプが修理に入っていた。

20061009_01
20061009_02
20061009_03
20061009_04

 ここはいつ来ても英車博物館だ。

20061009_05

 ウチのアストンマーチンV8も花を添えている。

20061009_06

 クラッシュしたロータス・エリーゼが修理を受けていた。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »